GBTニュース


アメリカンエキスプレス・グローバルビジネストラベルが
「カーボン・ニュートラル宣言」
2019年に従業員の出張により排出した
カーボンの100%をオフセットすることに成功

iStock_000089500981_Full.jpg

ビジネストラベルマネジメントの世界的なリーディングリーディングカンパニーであるアメリカンエキスプレス・グローバルビジネストラベル(GBT)は、従業員の出張による二酸化炭素排出量を相殺(オフセット)するという目標を達成しました。今回の温室効果ガスオフセットは、2019年中のGBTスタッフの出張による排出分に適用され、今後も継続されます。GBTは、自社の出張による温室効果ガスの排出量を100%オフセットした最初のグローバルトラベルマネジメントカンパニー(TMC)として、今後は、GBTのすべての事業においてカーボン・ニュートラル(訳注:温室効果ガスの排出と吸収がプラスマイナスゼロとすること)を達成することに焦点を当てます。

GBTのリスク&コンプライアンス最高責任者であり、同社のESG(環境、社会、ガバナンス)グループのエグゼクティブチェアを務めるキム・シヨン氏は、以下のように述べています。
「Covid-19危機はGBTならびに旅行業界に大きな打撃を与えました。そのような困難な時代にあっても、私たちは自らの価値にこだわり続けることがますます重要になると思います。この危機を乗り切り、より強みを発揮する企業は、人々、顧客、地域社会、そして社会全体にとって、正しく行動していこうとする企業です。私たちは出張を世界経済に力を与える善の力と信じており、ビジネストラベル業界において、可能な限り最も持続可能な道を作り上げたいというクライアントの願いを共有しています。」

GBTの温室効果ガスオフセット計画は、過去に受賞歴もあるNPO機関「Carbon Fund」のEnvira Amazonia Projectをサポートしており、本プロジェクトでは、約50万エーカーの森林を保護し、1,250万トンを超える二酸化炭素換算排出物の放出を減らすことに貢献しています。 「GBTにおける脱炭素化への旅は、出張による温室効果ガスの排出量のオフセットすることから始まりましたが、近いうちにGBTの全世界の事業すべてにおいて脱炭素化を実現することを目指しています。」とキム氏は述べています。

世界的に出張の予約状況は停滞していますが、GBTはその間、今年後半における旅行需要の段階的な回復に備えて、トラブル管理や危機管理規程を改善するなど、クライアントと協力して、各企業の出張プログラムを進化させています。企業は、出張予算を最適化するだけでなく、出張者のリスクを軽減し、従業員のケアを強化すると同時に、二酸化炭素排出量について有意義な決断をすることを重要視しています。キム氏はまたこのように述べています。「お客様は、環境問題に関して責任ある選択を行い持続可能な慣行を採用することが、幅広くビジネス上のメリットがもたらされ従業員がより良い形で出張に関われるようになることにつながると認識しています。」

GBTは、出張管理者が各社の出張プログラムを最適化し、出張による環境への影響をトラッキング、測定、オフセットにより軽減するためのさまざまなコンサルティングサービスやツールを開発しています。来月、GBTは2020年のESG(環境、社会、ガバナンス)レポートを発行予定です。

この文章は翻訳です。原文(英語)をご覧になりたい場合は、こちらをクリックください。

アメリカンエキスプレス・グローバルビジネストラベル・日本旅行について

アメリカンエキスプレス・グローバルビジネストラベル・日本旅行 (GBT NTA) (登記名:株式会社 日本旅行・グローバルビジネストラベル)は、2001年4月にアメリカン・エキスプレスと日本旅行の合弁会社として営業を開始し、アメリカンエキスプレス・グローバルビジネストラベル(GBT)の一員として、日本においてBTMサービスを提供しております。

アメリカンエキスプレス・グローバルビジネストラベルについて
100年以上のビジネストラベルの経験により現在では年間300億米ドルを超える規模を取り扱い、出張管理業務全般を総合的にサポートするトラベルマネジメントカンパニー(TMC)としてグローバル企業を中心に、出張手配業務に加えて様々な機能をもつ先進的なツールや専門性の高いコンサルティングサービスを提供しています。


お問い合わせ先

お問い合わせ