GBTニュース


アメリカンエキスプレス・グローバルビジネストラベルが
AIスタートアップ企業「30SecondsToFly」を買収

ロンドン, 2020年10月12日- 企業の出張管理をグローバルにサポートするアメリカンエキスプレス・グローバルビジネストラベル(GBT)は、出張向け人工知能(AI)とメッセージングに特化したテクノロジースタートアップ企業「30SecondsToFly」を買収しました。


今後GBTは30SecondsToFly 社の技術を利用することで、予約から帰宅まで出張全体を通して出張者が利用できるサービスの選択肢を増やし、GBTクライアント企業の出張者の満足度を高めます。Amex GBTモバイルアプリとApple Business Chat を介したライブチャットに加え、出張者は自分の好みのメッセージングサービスから自動サービスリクエストを送ることもできるようになります。検証済みAI搭載型セルフサービスとGBTの世界中のトラベルカウンセラーのネットワークの組み合わせによって、最高クラスのサービスを出張者に提供することを可能にします。


GBTのニュービジネスベンチャー担当ディレクター、ガブリエル・アヤシュ氏は次のように述べています。「多くの出張者は、セルフサービスのスピードと利便性を求めていますが、それと同時に、出張者はトラベルカウンセラーチームがどんな時でもサポートしてくれるという安心感も必要としています。30SecondsToFly 社は、GBT サービス提供を最適化し、コミュニケーション機能を強化するという、出張者とトラベルカウンセラー双方にとって画期的な技術を開発したのです。」


30SecondsToFly社 CEO、リッカルド・ヴィットリア氏は、また次のように述べています。「我々は、インテリジェントチャット(訳注:自動チャットシステム)が出張管理サービスの新しい標準になると信じています。我々は、GBT のような規模でこの技術を推進できることを非常に誇りに思っており、出張管理業界のグローバルリーダーの一員となることに興奮しています。」


このプラットフォームは、出張者向けに特別に作られたもので、既に何千人もの出張者に利用されています。30SecondsToFly社の経験豊富なAI開発者は、今回の買収の一環として、GBTのテクノロジー専門家チームに加わることになります。また、この技術は、今後GBTのサービスに組み込まれていく予定です。


本取引は10月8日に完了し、取引条件は非公開とします。


この文章は翻訳です。原文(英語)をご覧になりたい場合は、こちらをクリックください。


お問い合わせ先

お問い合わせ